Menu

洋服に合うセンスある扇子の選び方

扇子は、一般の方が使う時は扇いで風を送り涼しくすることが目的ですが、能や舞踊、装飾品等で使用されることがあります。扇子は日本発祥とされており、着物等の和装にしか合わないイメージを持たれている方がいますが、もっと普段使いしてもらい、日本の伝統を守ろうと工夫されつつあります。扇面のデザインは一般的に和柄が採用されていますが、どんな服装にも合わせやすいシンプルな無地や、扇骨が素材そのものの色ではなく、黒染めにしたシックなものもあり、スーツ等の正装にもよく合います。また、扇面の素材を紙ではなく布にすることにより、さらに洋服に馴染みやすくなります。シルクや絹を使ったものは高級感が出るので、友達へのプレゼントやギフトにぴったりです。扇面が紙や布ではなく竹のみで作られた扇子もあり、扇骨の繊細な細工がされているので、更に高級感が増します。

扇子の歴史と名称について学んでみよう

扇子は、日本の伝統的なイベント等さまざまな分野で活躍しています。起源は平安時代初期で、当初は細長い木板が使われていました。紙がとても貴重であったため、木板に記録し一つにまとめたものが扇と呼ばれるようになりました。平安時代中頃には、骨組みに紙を貼り付けたものが作られるようになり、これが扇子の原型と言われています。当初は扇いで涼をとるという発想は無く、和歌を書いたり記録したりとメモ帳のような役割をしていましたが、のちに能で使われたり贈答品として贈られたり幅広く使われるようになりました。扇子の各名称は、扇子の顔ともいえる扇面、扇面の両脇の骨組み二本を親骨、親骨の間の骨組みを中骨、親骨と中骨を一点でまとめて支えている金具を要、の基本四つで構成されています。オプションとして、要に穴があると房を付けることができて豪華になります。

センスある扇子をもっと身近に使ってほしい

最近では、オリジナルの扇子を作ってくれる扇子専門店があり、徐々に人気を集めています。自分の服装に合うデザインにして普段使いしたい、鳴子踊りの装飾品として大量に欲しい、母の日や父の日に送りたい等お考えの方にはおすすめです。具体的にどのような注文が出来るかというと、フルオーダーで扇面のデザインを写真、イラスト、直筆メッセージで印刷してくれたり、セミオーダーでお店にあるものを組み合わせて作ったりすることが出来ます。布製の扇面にするとお揃いの扇子袋が作れますし、親骨に名入れが出来るオプションもあります。お洒落な扇子だと周囲から注目されるだけでなく、ワンランク上の人に見られます。夏の浴衣の時期や結婚式等で着物を着る時以外にも、外出する時に財布を持ち歩くように、もっと生活の一部に取り入れてほしいと思います。