Menu

和装洋装どちらでも使いこなせる扇子

扇子を持っている人は老若男女見受けられます。人それぞれで用途もいろいろとあり、和装の時の必需品だったりあおいで風を送る使い方として、お茶の伝統芸能の世界で用いられる扇子などそれぞれの分野で形式や意味も異なるようです。また、最近では素材やデザインもいろいろなものがあり、和装にだけでなく洋装で扇子を持っていても違和感のないものも多く見られるようになっています。もともと扇子を持つ意味として装飾品という意味合いもあったので人それぞれの考え方によっては装飾の一つとして持つケースもあるようです。また、和の作法には扇子は欠かすことのできないアイテムであり、扇子はもともと向かい合う相手と自分との間に結界をはるものとして使用されており、結界とは仏教用語であり 、聖域と俗世を分ける境界線を意味したそうです。

センスアップする扇子の選び方とは

扇子も昔からの伝統を継承した基本的な形の扇子が一般的ではありますが、センスアップするためには、最近では形や素材も異なる扇子が沢山あります。暑い時期になると浴衣を着たり、暑さをしのいだりと扇子の出番が多くなります。扇子を持つ人のセンスがはっきりと伝わるアイテムだからこそ、こだわりたいものです。ポップなカラーであれば、目を引きますし、なにより目立ちます。手に持つだけで華やかにもなります。シンプルでユニセックスなデザインの扇子であれば、年齢や性別問わずに楽しめるものであり、大切な人とお揃いにしても素敵だと思います。丸みを帯びたシェル型の扇子であれば、日本の布扇子職人ならではの巧みな技を感じ取ることができます。素材や形もいろいろなものがあり、それぞれのセンスによっても選択肢は広がります。

普段使いできる扇子もいろいろあります

普段使いできる扇子の一般的なイメージに一番近いのが夏扇子です。夏扇子は涼をとるためにあおぐ扇子で、普段使いすることができます。名前も夏扇子となっていますが、夏以外のどの季節であっても一年間ずっと使用し続けられる扇子です。夏扇子には、女性用と男性用があり、女性用は男性用よりも一回り小さいサイズになっています。夏扇子は、絵柄の選択肢も多種多様で実用性も高く、誕生日をはじめとした各種プレゼントや旅行土産としても人気です。扇子は、和紙で作られたものが多いですが、布や絹で作られた物もあり、素材から高級感を持っているものもあります。また、風量は和紙製のものが強く、耐久性は布製に利がありますので普段使いをするのであれば、使用状況を考えて、個人の好みも併せて検討してみることをおススメします。