社内のLANとは何か基礎知識を説明します

あなたの会社ではLANが構築されていますか。現在はほとんどの会社でインターネット接続が常識となっていますから、社内LANも整備されていることでしょう。ただ、まだ十分でない場合は誰かがきちんと整備しなければなりません。家庭で使用しているインターネットやスマートフォンのインターネット、それと社内LANは同じなのでしょうか。それとも違いがあるのでしょうか。まずはインターネットと社内LANの違いを理解して、それぞれに対応した設備導入を考えなければなりません。その知識がなければ情報を得ることから始めてください。基本的なことから少し説明しましょう。基本さえ押さえておけば、安定した社内LANを構築することが可能です。特別な知S期は必要ないのです。

社内LANとセキュリティの確保について

社内LANの接続は基本的にケーブルを接続すれば完了します。しかし、それだけでは業務農耕率を上げることができませんから、外部のインターネットに接続することになります。その際に重要なのがセキュリティ対策です。ウィルス対策ソフトをそれぞれのパソコンにインストールすることは当然のことですが、それだけでは不十分です。共有ファイルを保管するためのハードディスクにはインストールできないからです。外部から、そのハードディスクにアクセスできないようにしておくことが必要です。それがセキュリティ対策となります。具体的には外部との出入りの扉となるルータにその機能を持った製品を選びます。詳しくは製品の説明書をよく読みましょう。基本的な考えは外部からのアクセスを制限することです。

社内LANを構築するための設備について

社内LANはそれぞれのパソコンをLANケーブルで接続した状態です。ここでいくつかのキーワードを説明しておきます。一つはIPアドレスです。パソコンを区別するための番号です。手動で1台ずつ設定することも可能ですが、DHCPを利用するのが一般的です。これは自動的にアドレスを割り振ってくれる機能ですが、そのためにはDHCPサーバー機能を持つ装置が必要です。また、パソコンからのLANケーブルをつなぎこむためのHUBが必要です。HUBは電気を使う時のテーブルタップと同じです。何台もの装置を一つにまとめるものです。社内はそれだけですべてアクセスすることができます。そして、外部のインターネットに接続するためのルータを設置します。インターネット接続業者との接続はセキュリティ対策をしたルータを通します。

ソフトウエア開発を主に、ITソリューションなどのご提案を多数しています。 当社について代表からのメッセージ、事業所のアクセスなど様々な情報をご覧いただけます。 新卒採用に関するエントリー募集情報をご用意しています。 自動的に最新の六曜情報を更新して表示してくれるカレンダーがあります。 情報セキュリティビデオの一覧から、サンプルで再生することができます。 社内でのLAN管理についてはアクティスへご相談を!